借金は学生時代のクレジットカードのキャッシングから始まった

学生時代、初めてクレジットカードを作りました。

そのときは、まあ商品券がもらえるからいいかな、という気持ちでした。カードの説明を受けているとき、キャッシングの説明をされました。20万ほどの枠が作れたので、怖い気持ちもありましたが、何となくキャッシングもできるように申請しました。

絶対に使うことはないだろうと思っていましたが、あるときどうしてもお金が足りなくなり、1万円くらいならいいだろうと思い初めてキャッシングをしてみました。ドキドキしましたが、ちょっと大人な気分にもなりました。

あとで返せばいいやと、足りなくなると借りるという悪循環をしていました。1年がたつ頃、みんなで海外にいこうという話になり、30万円の費用が必要になり、困った私はとうとう20万円をキャッシングしてしまいました。リボ払いがあるから月々かえしていけば大丈夫だと思いました。

今度はキャッシングの返済が間に合わないときがありました。

そして新しいカードを作り、他のカード会社の返済を別の会社のキャッシングして返すようになりました。

そのようなことを繰り返していたら、3年後ついに借金が200万まで膨れ上がってしまいました。今は、その返済をするため貧しい生活をしています。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年10月 3日 18:12に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「サークルのイベントで失敗してキャッシングもした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja